高齢者が鉄分不足になりやすい理由と解消方法とは?



鉄分サプリおすすめランキング塾~口コミ&効果で比較【打倒貧血!】



高齢者が鉄分不足になりやすい理由と解消方法とは?



高齢者が鉄分不足になりやすい理由と解消方法とは?
高齢者になると、

さまざまな持病を持っていたり、

若い頃にくらべると

体力がなくなっていたりと、

体調面に関する不安が

多くなってしまっているのでは

ないでしょうか?



そんな中で、鉄分不足による

鉄欠乏性貧血になってしまう高齢者の方が

増えているの
です。



しかし、持病があるために

発見が遅れるなど、

体に負担がかかってしまうことが

多くあります。



今回は

高齢者の鉄分不足になりやすい理由と

その改善方法
について、

ご紹介いたします。







高齢者に多い鉄欠乏性貧血とは?




若い女性に多いと言われている

鉄分不足による鉄欠乏性貧血は、

実は高齢者にも多い貧血です。



この貧血は、赤血球の中にある

ヘモグロビンが不足することで起きます。



そのため、血液をつくる骨髄などには

異常がありません。







高齢者が鉄欠乏性貧血になる原因とは?




高齢者が鉄欠乏性貧血になる原因

いくつかあります。



まず、消化不良です。



高齢者になると、噛む力も低下しますし、

胃液の分泌も減ってしまうため、

鉄分の吸収率が下がってしまうのです。





また、食事の変化も原因の1つです。



食が細くなってしまい、

必要な栄養を摂取出来なかったり、

それとは反対に若い頃と同じように

食事をすることにより、

中性脂肪を摂りすぎてしまったり

することが原因となる場合もあります。



ただし、消化不良や食の変化は、

個人差があるため、

特に問題にならない方も

いらっしゃいます。







高齢者の鉄欠乏性貧血は、若い人の鉄欠乏性貧血とは症状が異なるって本当?




高齢者の鉄欠乏性貧血は、

若い人の鉄欠乏性貧血と

異なる症状が出ることがあります。



それは、高齢者の場合、

持病があることが多いからです。



また、通常の鉄欠乏性貧血の

主な症状であるめまいや動悸が症状として

表れないこともあります。







高齢者の鉄欠乏性貧血と持病の関係とは?




高齢者の場合、持病があることが多く、

その持病の症状が鉄欠乏性貧血に

影響を及ぼすことが多々あります




たとえば、持病で狭心症がある場合、

胸が強く痛むことがあります。



この原因は、心臓が血液を

早く循環させようとするからです。





また、胃がんを患い、

胃を切除してしまった場合、

ビタミンB12が不足してしまうことで、

鉄分不足になってしまいます。



ビタミンB12は鉄分と同じで、

腸管で吸収されます。



しかし、胃が切除されてしまっていると、

ビタミンB12は腸管に行くまで

保護されないため、腸管まで辿り着けず、

吸収されなくなってしまい、

結果として不足してしまうのです。







高齢者の鉄欠乏性貧血の解消方法とは?



高齢者の鉄欠乏性貧血の解消方法とは?
鉄欠乏性貧血になってしまったら、

鉄分の多い食事を摂るようにすることが

大切です。



このとき、注意しなければならないのは、

高齢者でも消化不良を起こさないものを

選択して食べる
ということです。



また、薬を服用して治療する場合は、

主治医の指示に従うようにしましょう。







高齢者の鉄欠乏性貧血で間違われる病気とは?




体内の鉄分が不足すると、酸素が体内に

行き渡らなくなってしまうため、

脳が酸欠状態になり、

忘れっぽくなってしまうことがあります。



そのため、認知症や鬱病に

なってしまったと

間違われることがあります




周りの高齢者の方に

認知症の症状が出たときは、

きちんと病院を受診してもらい、

認知症なのか、鉄欠乏性貧血なのかを

診断してもらいましょう。



鉄欠乏性貧血は血液検査で、

認知症はMRIなどで

診断をすることが可能です。







高齢者の鉄欠乏性貧血は、薬のせいって本当?




薬が原因で起こる貧血です。



病気によって、血流をスムーズにする薬を

使用することがあります。



しかし、そういった薬を

服用することにより、出血したり、

出血が止まらなくなったり

してしまうことがあります。



そうなると、

いくら鉄分不足を解消しようとしても、

上手く出来なくなってしまうのです。





また、リウマチになった方が

飲む薬の中には、

胃から出血させてしまうものもあります。



それが原因で鉄欠乏性貧血に

なってしまうことがあります。







高齢者の貧血にはいろいろな種類があるの?




高齢者に多く見られる

鉄欠乏性貧血以外にも、

高齢者はさまざま貧血になる

可能性があります。



たとえば、『老人貧血』と呼ばれる

原因がわからない貧血や

慢性感染症や悪性腫瘍が原因の

『二次性貧血』などがこれに該当します。







放っておくと怖い? 高齢者の貧血とは?




高齢者の場合、貧血のまま、

治療をせずに放置してしまうと、

白血病になってしまうことがあります




これは、鉄欠乏性貧血による

造血作用の低下が原因です。







おわりに




このように、高齢者になると、

鉄分不足による鉄欠乏性貧血だけでなく、

持病との兼ね合いにも

注意する必要があります。



薬は万全なものではありません。



必ず何かしらの副作用はあります。



ですから、その副作用を熟知し、

鉄欠乏性貧血にならないように

気を付けることが大切です。



また、鉄欠乏性貧血に

なってしまった場合は、

主治医の指示に従って、

持病と鉄欠乏性貧血の両方を

根気よく治療するようにしましょう。


鉄分サプリおすすめランキングへ戻るバナー
◆鉄分サプリ特集◆

鉄分サプリおすすめランキング

ナンバーワン鉄分サプリレビュー