鉄分不足だとアトピー性皮膚炎に?



鉄分サプリおすすめランキング塾~口コミ&効果で比較【打倒貧血!】



鉄分不足だとアトピー性皮膚炎に?



鉄分不足だとアトピー性皮膚炎に?
アトピー性皮膚炎は、

遺伝的要因で発症してしまう

病気の1つです。



また、その症状は

軽度から重度まであります。





多くのアトピー性皮膚炎の

患者さんの場合、

子どもの頃に発症しても

成人するまでに治るとされていました。



しかし、昨今の研究結果によると、

成人してから再発してしまう患者さんも

多くいることがわかっています。



ただし、年齢を重ねるとともに、

自然寛解する傾向が強く、

高齢者になってもアトピー性皮膚炎である

患者さんは少ないという現状があります。





アトピー性皮膚炎は、

治療が必要な病気であり、

さまざまな病気を

合併してしまうこともあります。



では、アトピー性皮膚炎と鉄分不足には

関係があるのでしょうか?



今回はアトピー性皮膚炎の原因や症状、

また鉄分不足との因果関係について、

ご紹介いたします。







アトピー性皮膚炎とは、どんなもの?




アトピー性皮膚炎とは、

かゆみの強い湿疹が出来てしまう

皮膚疾患の1つ
です。



主な症状は皮膚が乾燥したり、

『紅斑』と呼ばれる赤い腫れが出来たり、

『丘疹』という小さなブツブツした

ドームの形の盛り上がりが

出来たりします。



また、かゆみから

皮膚を掻いてしまったことで起きる

『痂皮』というかさぶたや、

皮膚が剥がれることにより

ただれた状態になってしまう『びらん』

などの症状も起きてしまいます。



そのほか、皮膚を掻くことを

繰り返すことが原因で、

皮膚が厚く硬くなってしまう

『苔癬化』にもなってしまいます。



これらは、全身どこにでも

出来てしまいますが、

必ずしも左右対称に

出来るわけではありません。





また、アトピー性皮膚炎の

患者さんの場合、

健康な人の皮膚に比べて、

有害物質や刺激が体内に侵入することを

防ぐバリア機能が低下してしまったり、

少しの刺激でかゆくなってしまったり、

皮膚が乾燥しやすかったりします。



そのほか、『気管支喘息』や

『アレルギー性鼻炎』などの病気を

合併することがあります。







アトピー性皮膚炎の原因とは?




アトピー性皮膚炎の多くの患者さんは、

アトピー素因を持っている


されています。



アトピー素因とは、

家族が『アトピー性皮膚炎』をはじめ、

『気管支喘息』や『アレルギー性鼻炎』

などの病気を持っていたり、

『IgE抗体』を作りやすい

体質であったりすることを言います。



しかし、『IgE抗体』を

ほとんど作らないタイプの

アトピー性皮膚炎もあるのではないかとも

考えられています。



ただし、今のところ、『IgE抗体』の

作りやすさによる違いが、

どのような症状の違いを起こすのか、

または起こさないのかということは

わかっていません。







アトピー性皮膚炎と鉄分不足には関係がある?




アトピー性皮膚炎を

患っている方の多くは、

同時に『鉄欠乏性貧血』を

発症しています




鉄欠乏性貧血とは、

鉄分不足が原因で起こる貧血のことです。



このことからも、

アトピー性皮膚炎と鉄分不足には

関係があると言えるでしょう。





アトピー性皮膚炎の患者さんが

鉄欠乏性貧血になってしまうのは、

赤血球の寿命が短いことが

原因として考えられます




アトピー性皮膚炎の患者さんは、

慢性期的に炎症を起こしている状態です。



それが赤血球の破壊へと

繋がってしまうのです。





また、鉄欠乏性貧血は

酸素と鉄分が不足している状態ですので、

新しい皮膚が

作られにくくなってしまうので、

結果としてアトピー性皮膚炎が

悪化してしまいます。







鉄分の過剰摂取は、アトピー性皮膚炎を悪化させる?



鉄分の過剰摂取は、アトピー性皮膚炎を悪化させる?
鉄分不足でアトピー性皮膚炎は

悪化してしまいますが、

鉄分の過剰摂取もアトピー性皮膚炎を

悪化させてしまいます




これは、鉄分の過剰摂取による

活性酸素が原因です。



活性酸素は細菌やウィルスから

細胞を守る役割を担っているので、

体内に必要なものではあるのですが、

適切な量以上の活性酸素が

発生してしまうと、

『細胞の老化』などの悪影響を

体に与えてしまいます。





活性酸素が大量発生してしまう原因は、

過剰に摂取した鉄分にあります。



鉄分には貯蔵鉄と言って、

体に蓄積される鉄分があるのですが、

貯蔵鉄が過剰にあると

活性酸素を発生させてしまうのです。



そして、活性酸素は

皮膚を酸化させてしまうので、

乾燥したり、ターンオーバーが

正常に出来なくなったりしてしまい、

アトピー性皮膚炎を

悪化させてしまうのです。







おわりに




このように、アトピー性皮膚炎は

鉄分と深い関わりがあります。



鉄分不足でも鉄分の過剰摂取でも

アトピー性皮膚炎は

悪化してしまうので、

適量を摂取することが大切です。



また、鉄分不足が原因の鉄欠乏性貧血は、

アトピー性皮膚炎を

悪化させるだけでなく、

めまいや頭痛、動悸など、

ほかの症状も引き起こしてしまうので、

主治医の指示に従い、鉄剤や鉄分サプリで

鉄分の摂取をするようにしましょう。



また、アトピー性皮膚炎の

患者さん以外でも、

活性酸素で皮膚が酸化することで

シミやシワなどの皮膚の老化や

鉄欠乏性貧血は起こる症状です。



ですから、鉄分の摂取は

適量を心がけることが大切です。


鉄分サプリおすすめランキングへ戻るバナー
◆鉄分サプリ特集◆

鉄分サプリおすすめランキング

ナンバーワン鉄分サプリレビュー