鉄分の摂取でむくみの改善が期待出来る理由とは?



鉄分サプリおすすめランキング塾~口コミ&効果で比較【打倒貧血!】



鉄分の摂取でむくみの改善が期待出来る理由とは?


鉄分の摂取でむくみの改善が期待出来る理由とは?
むくみはさまざまな箇所に起こります。

たとえば、顔や腕、それから脚など、

目に見えるところは、

水分が溜まってしまうことにより、

どこでもむくんでしまうのです。

そして、どこがむくんでも、困ったり、

つらかったりするので、

良いことは1つもないでしょう。

たとえば、座りっぱなしや立ちっぱなしで

脚がむくむと、

実際よりも太く見えてしまいますし、

サイズがぴったりだったはずの靴が

夕方にはきつくなってしまったりします。

顔がむくむと、

メイクをするときや写真を撮るときに

憂鬱になってしまうこともあるでしょう。

では、むくみはどのように

改善すれば良いのでしょうか?

また、鉄分の摂取でむくみの改善は

期待出来るのでしょうか?

今回はむくみの原因と鉄分の摂取による

改善方法について、ご紹介いたします。

むくみって、どんな症状?

『むくみ』とは、体内できちんと

循環出来なかった水分が溜まってしまう

症状のことを言います。

体内を流れている血液は、

心臓の働きによって、動脈を通って

水分や栄養分を細胞へ運んでいます。

また、このとき、細胞内で

必要ではなくなった水分を

静脈やリンパ管で循環させています。

しかし、これらの働きが

スムーズに行われなくなると、

とどまるべきではない部位に

水分が溜まってしまうのです。

そのため、むくみとなって、

体の外に見える形で表れてしまいます。

むくみには種類があるの?

むくみには『一過性のむくみ』と

『血管や臓器の障害によるむくみ』の

2種類が存在します。

これらはむくみの原因が異なるので、

原因に合わせて対処する必要があります。

そもそも、むくみの原因ってなに?

『むくみ』の原因は、たくさんあります。

たとえば、『立ちっぱなし』や

『座りっぱなし』、

『水分や塩分の過剰な摂取』、

『肝臓や腎臓の病気』、

『鉄欠乏性貧血』や『冷え性』などです。

『立ちっぱなし』や『座りっぱなし』の

場合は、

血液が下半身に下がってしまうことで、

脚がむくんでしまいます。

また、『水分や塩分の過剰な摂取』の

場合は、血液中の水分量が過剰に

増えてしまうことで、

むくみを引き起こしてしまいます。

夜寝る前にたくさん水分を摂ったり、

お酒を飲み過ぎたりした翌日に

顔がむくんでしまうのはこのためです。

『肝臓や腎臓の病気』の場合、

肝臓で作られている

『アルブミン』という成分が

きちんと作られないことによって

むくみを起こしてしまうことがあります。

アルブミンとは、

血管内に水分を保持する性質を

持っています。

しかし、このアルブミンが

きちんと作られないと、

動脈内にある水分が血管の外に

出てしまいやすくなると同時に、

静脈の血管には水分が

戻りづらくなってしまうのです。

そのため、むくんでしまいます。

また、腎臓は排尿を促す役割を

担っているのですが、

腎臓が正常に働かなくなると、

体内にある余分な水分を

尿として排出出来なくなってしまうことが

あります。

余分な水分が尿として排出出来ないと、

体内に溜まってしまい、

むくみへと繋がってしまいます。

『鉄欠乏性貧血』や『冷え性』が

原因の場合、鉄分の不足が考えられます

鉄分が不足すると、体内に運ばれる

酸素の量が減ってしまいます。

これは、鉄分が血液中のヘモグロビンと

結びつくことにより、

体内に酸素を運ぶ役割を

完全に行えなくなってしまうからです。

ですから、鉄欠乏性貧血や冷え性といった

症状を引き起こし、

今度はそれが原因となって

体をむくませてしまうのです。

また、冷え性は鉄分の不足以外にも、

運動不足が原因のことがあります。

脚の筋肉は血液を循環させる働きを

持っているため、

運動不足によって筋肉が衰えてしまうと、

脚に水分が溜まりやすくなって

しまうのです。

そうなることで、

血液がきちんと体内に循環しなくなり、

冷え性へと繋がってしまうため、

最終的にむくみを起こしてしまうのです。

むくんでしまったときは、どうすればいい?

むくみには、『一過性のむくみ』と

『血管や臓器の障害によるむくみ』の

2種類が存在するため、

むくみの種類によって、

すべきことが異なります。

まず、『一過性のむくみ』の場合は、

血液の循環を促すことが大切です。

ですから、簡単な方法として、

整体やマッサージに行くと良いでしょう。

整体やマッサージに行く

余裕がない場合は、

セルフケアもオススメです。

たとえば、寝る前に足湯をして

血行を良くしたり、

寝るときに足枕をして血液の循環を

良くしたりすると良いでしょう。

また、ツボ押しやマッサージなども

出来る範囲で行うと

むくみを軽くすることが出来ます。

しかし、突然むくみ始め、

その状態が1週間以上続くようであれば、

病院を受診した方が良いでしょう。

慢性的なむくみの場合は、

『血管や臓器の障害によるむくみ』の

可能性が考えられます

また、ケアをしてもむくみが

改善されない場合は、

病気の症状の可能性があるので、

病院を受診するようにしましょう。

鉄分の摂取でむくみは改善出来るって本当?


鉄分の摂取でむくみは改善出来るって本当?

『鉄欠乏性貧血』や『冷え性』で

起こるむくみに関しては、

鉄分の摂取でむくみを改善することが

可能です。

これは、鉄欠乏性貧血や冷え性が

鉄分の不足によるものだからです。

鉄分が不足すると、体内に必要な酸素を

運ぶことが出来なくなってしまいます。

酸素が運べなくなってしまうと、

血流が悪くなってしまうことに

繋がります。

しかし、鉄分を摂取すれば、

鉄分は赤血球の中にある

ヘモグロビンと結びつき、

体内に必要な量の酸素を

運ぶことが出来ます。

そして、体内にある鉄分量や酸素量が正

常値に戻ると、鉄分の不足で起こっていた

鉄欠乏性貧血や冷え性も

改善されるということになります。

ただし、冷え性の場合、

運動不足が原因のこともありますので、

あくまで鉄分の不足によるものが

原因のときにしか効果は期待出来ません。

また、鉄分の不足で起きる

鉄欠乏性貧血以外にも

貧血にはたくさんの種類があります。

そのため、貧血の種類がなんであるかも

きちんと把握しておくことが大切です。

むくみを改善するための鉄分摂取の方法とは?

むくみを改善するために

鉄分を摂取する場合は、

鉄分の不足によるさまざまな症状を

改善するための

鉄分の摂取方法で問題ありません。

鉄分を摂取する際は、

基本的にヘム鉄の含まれている

肉類や魚介類、

非ヘム鉄の含まれている

フルーツや野菜を食べたり、

鉄分サプリを飲んだり、

鉄分を多く含んだ温泉を飲んだり、

鉄鍋を使用して調理をし、

鉄鍋から溶け出した鉄分を

摂取したりすると良いでしょう。

鉄分を摂取する際は、

ビタミンやクエン酸を一緒に摂取すると、

吸収率が上がるので

それらも意識して

摂取するようにしましょう。

また、鉄分の吸収を妨げる

タンニンやカフェインを多く含む

紅茶やコーヒーなどの

摂取するタイミングに

気を付けることも重要です。

鉄分は基本的に口から体内に入れ、

腸管で吸収されます。

ですから、食べ物や飲み物に

気を配ることが、

鉄分摂取によるむくみ改善への

近道であると言えるでしょう。

おわりに

一口に『むくみ』と言っても

原因はさまざまであり、

また原因によって、

その改善方法は異なります。

ですが、鉄分の不足によるむくみの場合、

鉄分を摂取し、不足を解消することで

むくみを改善へと導くことが出来ます。

「自分がなぜ

むくんでしまっているのか?」という

原因をしっかりとつきとめることが

まず大事です。

そして、鉄分が不足している場合は、

食事に気を付けたり、

サプリメントを使用したりしながら、

鉄分の不足を解消するようにしましょう。

鉄分サプリおすすめランキングへ戻るバナー

◆鉄分サプリ特集◆

鉄分サプリおすすめランキング

ナンバーワン鉄分サプリレビュー