鉄分の不足による貧血と低血圧に関係はあるの?



鉄分サプリおすすめランキング塾~口コミ&効果で比較【打倒貧血!】



鉄分の不足による貧血と低血圧に関係はあるの?



鉄分の不足による貧血と低血圧に関係はあるの?
貧血低血圧で悩んでいる方は、

多くいらっしゃることでしょう。



貧血の場合、

その多くは鉄分の不足が疑われます。



鉄分不足が原因の鉄欠乏性貧血や

潜在性鉄欠乏性貧血を改善するには、

鉄分の摂取が近道です。



また、低血圧の場合、その改善方法は、

基本的に投薬治療になります。



このように、鉄分不足による貧血と

低血圧治療方法が異なりますが、

果たして関係性はあるのでしょうか?



今回は、低血圧と

鉄分不足による貧血の症状と、

鉄分の不足による貧血と

低血圧に関係性について、

ご紹介いたします。







貧血とは、どんな症状のこと?




貧血と聞くと、

めまいや立ちくらみをイメージされる方が

多いのではないでしょうか?



しかし、それ以外にも、

耳鳴りや食欲不振、動悸や息切れなど、

さまざまな症状が出ます。







鉄分の不足による貧血とは?




鉄分の不足による貧血は2種類あります。



1つ目は一般的な貧血でもある

『鉄欠乏性貧血』です。



この貧血は体内にある

赤血球中のヘモグロビンが

減少することで起こります。



2つ目は別名『隠れ貧血』と呼ばれている

『潜在性鉄欠乏性貧血』です。



この貧血は、

ヘモグロビンの数値に異常はないものの、

貯蔵鉄を貯めるフェリチンという成分が

不足することで起こります。







低血圧とは、どんな症状のこと?




低血圧とは、血圧が最高血圧である

収縮期血圧が100(mmHg)以下、

最低血圧である拡張期血圧が

60(mmHg)以下とされています。



この基準は、

WHOの世界共通基準とされています。







鉄分の不足による貧血と低血圧に関係はあるの?




基本的に鉄欠乏性貧血と低血圧に

関係はありません




鉄欠乏性貧血の症状として挙げられるのは

『めまい』や『立ちくらみ』、

『動悸』や『息切れ』、

『疲れを感じやすくなる』、

『頭痛になる』、

『皮膚や粘膜の色が変わってしまう』、

『爪に異常が出る』、『異食症になる』、

『ザラザラしている舌の表面がツルツルに

なってしまう』、

『食べ物が飲み込みづらくなる』

などです。



このように、鉄欠乏性貧血の症状として、

『低血圧』はありません。



しかし、鉄欠乏性貧血と低血圧には、

相関関係はありませんが、

併発することも

ありえないわけではありません。







低血圧にも種類があるって本当?




低血圧にも『起立性低血圧』、

『本態性低血圧』、『症候性低血圧』の

3種類があります。





『起立性低血圧』は、

血圧の調整が正常に行えないことにより、

一時的に血圧が下がってしまうことでなる

低血圧のことを言います。



主な原因は交感神経と副交感神経の

切り替えが上手くいかないという

自律神経の障害です。



ですから、急に立ち上がったり、

長時間立ち続けてしまったりすることで

起こります。



治療方法は投薬治療や立ち上がるときは

急に立ち上がらないなど、

倒れてしまう要因になることに

気を付けることです。





『本態性低血圧』は、

原因を特定することが出来ない

低血圧のことを言います。



しかし、患者さんの遺伝や体質が

一因ではないかとも言われている

低血圧です。



また、原因を特定することが

出来ないため、

治療方法がないという特徴があります。



そのため、改善方法として、

適度な運動や規則正しい食生活などを

勧められることがあります。



また、場合によっては、

投薬治療を行うことがあります。





『症候性低血圧』は、

病気を発症していたり、

薬の影響によって起こったりする

低血圧のことを言います。



そのため、原因となる病気の治療が進んで

回復に向かったり、

薬の使用を止めたりすると、

症状が良くなる傾向があります。





このように、低血圧と一口に言っても、

さまざまな違いがあります。







低血圧に症状が似ている貧血があるって本当?



低血圧に症状が似ている貧血があるって本当?
起立性低血圧に症状が似ている貧血に

『脳貧血』があります




血液は立ち上がるときに

重力に従って下に集まります。



そして、正常なときは、交感神経が

脚の静脈を収縮させることによって

血液を心臓へと戻し、

心拍数を安定させているのですが、

起立性低血圧になってしまうと、

交感神経と副交感神経の

切り替えが上手くいかず、

血液が脚に溜まってしまうのです。



そのため、血液が心臓に

戻らなくなってしまい、

血圧を下げてしまうのです。



その結果、

めまいを起こしてしまうのです。





また、脳貧血は脳が酸欠状態になることで

起こる貧血のことで、

症状も起立性低血圧と同じように

めまいなどの症状が出ます。





このように、起立性低血圧と脳貧血は

症状が似ているため、

関係性があるように思われたり、

間違われてしまったりすることが

あります。




おわりに




いかがでしたでしょうか?



一般的に脳貧血と低血圧の症状が

似ているため、

貧血と低血圧に関係があるように

思われることもありますが、

症状が似ているだけで、

貧血と低血圧はまったくの別物
です。



また、鉄欠乏性貧血は低血圧と

まったく関係がないのです。



ただどちらも発症してしまうと、

つらい病気であることに

変わりはないので、

規則正しい生活を心がけ、

睡眠をしっかり摂ったり、

バランスの取れた食事を

摂ったりしましょう。


鉄分サプリおすすめランキングへ戻るバナー
◆鉄分サプリ特集◆

鉄分サプリおすすめランキング

ナンバーワン鉄分サプリレビュー