貧血の原因と症状って、どんなもの? 氷が食べなくなったら要注意!?



鉄分サプリおすすめランキング塾~口コミ&効果で比較【打倒貧血!】



貧血の原因と症状って、どんなもの? 氷が食べなくなったら要注意!?


貧血の原因と症状って、どんなもの? 氷が食べなくなったら要注意!?
『貧血になる』=

『めまいや立ちくらみがする』

と思われている方が

多いのではないでしょうか?

しかし、貧血になると、

めまいや立ちくらみ以外にも、

実にさまざまな症状が出ます

たとえば、動悸や息切れ、頭痛、

吐き気などです。

そのほかにも、貧血の種類によって、

その貧血特有の症状が出るので、

症状からどの貧血を起こしているかを

知ることが出来ます。

では、貧血の原因や症状には

どんなものがあるのでしょうか?

また、氷が食べたくなってしまうことは

あるのでしょうか?

今回は貧血の原因や症状、

氷が食べたくなる症状について、

ご紹介いたします。

貧血には、どんな種類があるの? その原因ってなに?

貧血には、『鉄欠乏性貧血』、

『失血性貧血』、『溶血性貧血』、

『再生不良性貧血』、『悪性貧血』、

『二次性貧血』など

いくつか種類があります。

貧血の大半を占めると言われている

『鉄欠乏性貧血』は、その名の通り、

鉄分の不足による貧血です。

『失血性貧血』には、

『慢性失血性貧血』と

『急性失血性貧血』の2種類があります。

慢性失血性貧血は、長い時間をかけて

慢性的に出血することで起きます。

主に潰瘍やがんの部位からの出血、

痔や月経などがこれに該当します。

ちなみに月経は鉄欠乏性貧血の

原因になることもあります。

また、急性失血性貧血は、

手術やケガなどで

一度に大量に出血することで起きます。

『溶血性貧血』は、

赤血球が壊れやすくなることが原因で

起こる貧血です。

そのほとんどが

『自己免疫性溶血性貧血』だと

言われています。

また、先天性と後天性がある

貧血でもあります。

『再生不良性貧血』は、血液中の赤血球、

白血球、血小板が作られなくなり、

それらが減少することで起こる

貧血のことを言います。

これは、血液を作る骨髄が

脂肪に置き換わってしまうことで

造血作用が低下してしまうことが

原因です。

『悪性貧血』は、

別名『葉酸欠乏性貧血』や

『ビタミンB12欠乏性貧血』、

『巨赤芽球性貧血』と呼ばれています。

別名からもわかる通り、

葉酸やビタミンB12が不足することで

起こる貧血です。

『二次性貧血』は、

別名『続発性貧血』とも呼ばれています。

この貧血は、腎臓病や肝臓病、感染症、

がんなどの病気の二次症状として

起こるため、このように呼ばれています。

貧血の症状とは?

貧血の症状には、多くの種類があります。

たとえば、めまいや立ちくらみ、

耳鳴りや食欲不振、動悸や息切れ、

倦怠感などです。

これらの症状は、

すべての貧血に共通する症状です。

しかし、貧血の種類によって起こる

特有の症状もあります。

たとえば、『鉄欠乏性貧血』の場合、

異食症や氷食症の症状が

出ることがあります。

『溶血性貧血』の場合、

黄疸や脾臓の腫れ、

尿の色が濃くなるなどの症状が表れます。

また、『再生不良性貧血』の場合、

感染症にかかりやすくなったり、

出血しやすくなったり、

アザになりやすかったりするという

特徴があります。

また、血便や血尿などの症状が

出ることもあり、

悪化すると輸血や骨髄移植が

必要になる場合もあります。

『悪性貧血』の場合、

手足のしびれや知覚麻痺、

舌の荒れといった症状が起こります。

また、白髪が増えるといった

一見加齢によるものと思ってしまうような

症状が出るという特徴もあります。

貧血で氷が食べたくなるって、どういうこと?


貧血で氷が食べたくなるって、どういうこと?

貧血の中でも鉄欠乏性貧血になると、

『異食症』という症状を

引き起こすことがあります。

これは氷に限ったことではなく、

普段そんなに食べない食べ物を

食べたくなるという病気です。

そのため、中には

土壁を食べたくなってしまうという

症状が出る人もいます。

また、鉄欠乏性貧血以外の病気でも、

異食症になることはあるので、

症状が出たらきちんと

病院を受診するようにしましょう。

また、『氷食症』という

氷が食べたくなる病気を

発症することもあります。

この病気も鉄欠乏性貧血が

原因でなりますが、

ストレスなどが原因のこともあるので、

自己判断はしないようにしましょう。

別の病気を発症している

可能性もあるので、自分で判断せずに

受診をすることが大切です。

鉄欠乏性貧血が原因の場合は、

鉄分を摂取すれば、

これらの症状は改善されます

おわりに

このように、

貧血の原因や症状はたくさんあります。

また、貧血の種類によって、

原因も症状も異なるので、

それぞれの貧血に合わせて

対策をすることが大切です。

貧血だと思っていても、

別の病気が隠れていることがあります。

その多くは出血を伴っていたり、

血液が正常に作られなかったり、

治療が必要なものばかりです。

そのため、

病気の早期発見をするためにも、

貧血だからといって鉄分不足だと

決めつけずに

きちんと病院を受診し、

どの種類の貧血なのかを

知ることが重要です。

貧血の種類がわかったら、

その貧血に合わせた治療を行い、

日常生活で感じる不快な症状を

軽減させるようにしましょう。

鉄分サプリおすすめランキングへ戻るバナー

◆鉄分サプリ特集◆

鉄分サプリおすすめランキング

ナンバーワン鉄分サプリレビュー