造血に必要な葉酸とビタミンB12で体内の鉄分生成を助ける!



鉄分サプリおすすめランキング塾~口コミ&効果で比較【打倒貧血!】



造血に必要な葉酸とビタミンB12 で体内の鉄分生成を助ける!



造血に必要な葉酸とビタミンB12 で体内の鉄分生成を助ける!
人間の体の中では、

常に血液が生成される『造血』が

繰り返されています。



この造血は、

さまざまな成分を元に行われています。



そこで必要なのが、

葉酸』や『ビタミンB12』などの

ビタミンB群です。



では、造血の際、

葉酸やビタミンB12などの

ビタミンB群は

どのような働きをするのでしょうか?



今回は血液や造血について、

ご紹介いたします。







血液はどこでつくられているの?




血液は主に骨髄でつくられています。



正確には骨髄の『赤色髄』と

言われる場所です。



これは骨の中心部にあります。







血液って何で出来ているの?




血液を構成する成分は、『赤血球』、

『白血球(顆粒白血球・無顆粒白血球・

リンパ球)』、『血漿』、

『血小板』です。







血液の中にある成分の役割とは?




血液の中にある成分の役割は

実にさまざまです。



『赤血球』の中にはヘモグロビンという

成分があります。



その成分が鉄分と結びついて、

体内の酸素の運搬をしています。



『白血球(顆粒白血球・無顆粒白血球・

リンパ球)』は、体内に入ってしまった

異物や細菌を処理しています。



『血漿』は体温調節作用や体の保護、

止血の役割を担っています。



また、栄養素をはじめ、

イオンやホルモン、水などを運び、

その際、体内に存在する

不要な物質や水を取り除きます。



『血小板』は血液の凝固と止血の役割を

担い、血漿と一緒に働きます。



このように血液の成分は、

おのおの違った役割を果たしています。







造血には何が必要?




造血とは血液をつくることを言いますが、

これには『タンパク質』や『脂肪』、

『葉酸』や『ビタミンB12』、

『鉄』や『銅』などが必要
です。



そして、そのほとんどが

体内で生成することが出来ないものです。



そのため、

食べ物から摂取する必要があるので、

バランスの取れた食事が重要になります。







葉酸ってどんなもの?




葉酸とは、

ビタミンB群のうちの1つです。



ビタミンには水に溶けやすい

『水溶性ビタミン』と

水には溶けにくく、油に溶けやすい

『脂溶性ビタミン』が存在します。



葉酸は『水溶性ビタミン』に

分類されます。





過去には『ビタミンM』と

呼ばれていたこともありますが、

ビタミンなのに『葉酸』という名称が

ついているのは、

1941年にほうれん草の「葉」から

発見されたからです。



ちなみにラテン語で「葉」という意味の

「folium」に由来しています。





また、葉酸は『核酸の合成』と

『細胞分裂』に深い関わりがあります。



葉酸の主な働きとしては、

『細胞の再生・赤血球の細胞の形成の

補助』、

『消化器官の粘膜・赤血球の製造』、

『たんぱく質の合成』、

『DNAの生成』

『細胞分裂が活発な胎児の発育を

正常に行う(妊婦の場合)』

が挙げられます。



その他にも、『直腸がん・肺がん・

咽頭がん・卵巣がんなどの予防』、

『虚血性心疾患の予防』、

『動脈硬化の予防』、

『貧血の予防』などの

効果があるとされています。



また、妊娠している場合は、

『神経管欠損症など胎児の先天性奇形の

予防』、『母乳の出を良くする』などの

効果が期待出来ます。







造血のとき、葉酸はどんな働きをする?



造血のとき、葉酸はどんな働きをする?
葉酸はビタミンB12と結びつき、

赤血球を生成
しています。



そのため、別名『造血ビタミン』と

呼ばれることがあります。



また、造血作用による貧血の改善にも

葉酸は重要な役割を果たしています




細胞の核に多く含まれている

核酸を生成するためには

葉酸が絶対に必要なため、

葉酸が不足してしまうと、

細胞分裂が

正常に出来なくなってしまいます。







ビタミンB12ってどんなもの?




ビタミンB12は、

ビタミンB群のうちの1つです。



ビタミンB12は葉酸と同じで、

『水溶性ビタミン』に分類されます。



また、ミネラルの1つである

『コバルト』を含んでいるため、

別名『コバラミン』や『赤いビタミン』と

呼ばれています。



また、ビタミンB12の主な働きとして、

『貧血の予防』や『睡眠の促進』、

『神経機能の正常な維持』などの

効果があるとされています。



ビタミンB12は

食べ物に含まれているだけでなく、

腸内でも生成されているので、

基本的に体内で不足することは

ありません。







造血のとき、ビタミンB12はどんな働きをする?




ビタミンB12は葉酸と結びつき、

赤血球を生成しています




そのため、葉酸同様、『造血ビタミン』と

呼ばれることがあります。



また、核酸の生成は葉酸が行うのですが、

これを補助しているのが

ビタミンB12です。







おわりに




このように、造血には

葉酸とビタミンB12が

大きく関わっています。



この2つの成分がないと、

造血は成り立たなくなってしまうのです。



また、葉酸とビタミンB12は、

造血だけでなく、病気の予防などの

さまざまな働きをしています。



葉酸もビタミンB12も

食べ物に含まれていますので、

普段の生活に上手に取り入れながら、

摂取するようにしましょう。



もし、食べ物だけで摂取するのが

難しいと感じた場合は、

サプリメントでの摂取なども出来るので、

自分に合った方法で

意識的に取り入れると良いでしょう。


鉄分サプリおすすめランキングへ戻るバナー
◆鉄分サプリ特集◆

鉄分サプリおすすめランキング

ナンバーワン鉄分サプリレビュー